お見合いCLUB和歌山エリアブログWakayama Blog

お見合い結婚は古いのか??お見合い結婚のメリット・デメリット

結婚と言えば相思相愛の男女がゴールインというイメージがありますが、古くから続く結婚制度はお見合いが主流だったのも事実です。

時代遅れで古臭いスタイルと見なされることもありますが、お見合いならではのメリットも少なくありません。

結婚について真剣に考えるためにも、お見合いについて詳しく学びましょう。

お見合いへの考え方やスタイルの変化について

価値観の多様化によって結婚が絶対的なものではなくなっている

人類の歴史は価値観の変化の歴史とも言えますが、その中において結婚に対する考え方は変化に乏しかったのも事実です。

結婚は愛し合う男女が結ばれるための儀式という考えが主流になったのは近代以降であり、それ以前は地域や年代を問わずお見合いがほとんどでした。結婚は本人同士の恋愛の結果ではなく、二つの家が結びつきを強くする契約という意味合いが強かったのです。

近代以降は結婚のスタイルが家同士が結び付くお見合いから本人同士の恋愛の結果に変わりましたが、これは生活スタイルや価値観の多様化が進み、家同士の結びつきが重視されなくなったことの表れです。

個人が求める理想の結婚相手を探す手段

お見合いと言えば双方の家の代表と共に挨拶を行う、かしこまった雰囲気というイメージがあります。

かつてのお見合いはそのようなスタイルが普通でしたが、家同士の結びつきに重きが置かれなくなった現在ではお見合いも個人の価値観が第一のスタイルに変わっています。

あくまでも理想の結婚相手を効率的に探すための手段であり、その方法は大勢の人が集まる立食パーティーと合コンが一つになったような形式が一般的です。

結婚相手を探す選択肢として一般化しているお見合い

お見合いは特別なことではない

お見合いは長い歴史を持つ行為ではあるものの、生活の一部に溶け込んでいたとは言い切れないのも事実です。

従来のお見合いは家同士の繋がりを強くするための契約としての意味合いが強く、本人同士の意思は二の次でした。

そのため、身近ではあるものの馴染み深いものではなかったのです。しかし現在のお見合いは個人の意思で結婚相手を探す手段の一つです。

結婚相手を探す方法はいくつもあり、お見合いはそのうちの一つに過ぎないという考え方が一般的になりました。

特別な儀式だったお見合いが生活の一部となって定着したと言っても過言ではありません。

生活サイクルの多様化もお見合いが世俗化した理由の一つ

かつては家同士の繋がりを強くする儀式だったお見合いが個人の意思で結婚相手を探す手段に変化した理由として、生活サイクルの多様化が挙げられます。

結婚への考え方が大きく変わったのはイギリスの産業革命がきっかけと言われていますが、これは工業の発展によって仕事の多様化が進み、同時に市民の生活にも余裕が生まれたのが理由です。色々な仕事に従事する人が増えたことによって生活サイクルが変化し、今までなら接点すらなかった人同士が深く関わるようになったのです。

価値観や考え方が異なる人同士の交流が進んだことによって資材に結婚への考え方も変化し、恋愛の末に結婚するというスタイルが主流になりました。

その一方で生活サイクルの変化は人によって行動パターンが異なる事態も生み出しました。

出会いの機会が減少したことにより、確実に異性と接点を設けることができるお見合いが注目されるようになったのです。

お見合いの良し悪しの詳細

異性と出会う機会が得られるのが最大のメリット

お見合いの最大のメリットは確実に異性と出会うことができる点です。生活スタイルの多様化は個人の生き方が尊重される一方、人によっては他人と接する機会が非常に少ない状態に置かれるのも事実です。

また、価値観の多様化は必ずしも結婚が人生にとって重要なことではないという考え方を生み出し、結果として晩婚化が進んだとされています。

本人の意思で結婚を優先しなかったケースもあれば、出会いを求めながらも自身の生活スタイルによって他人と接する機会がほとんど得られなかったケースも少なくありません。

そのような人にとってお見合いは結婚に至る、もっとも安心できる第一歩と言えるでしょう。

時間を割く手間がかからないのも魅力的

結婚相手を探す場合、お見合いは多忙な現代人にぴったりな方法と言えるでしょう。

恋愛結婚の場合は双方が結婚の意思を持つようになるまで何年もかかってしまうのは珍しいことではありません。

出会ってからお付き合いを始め、双方の気持ちが結婚への願望に至るまで時間がかかるのが恋愛結婚の特徴とも言えます。

その過程がロマンチックという見方もできますが、双方の生活サイクルが似通っていなければ同じタイミングで結婚願望を育むのは困難です。

また、多忙の余り疎遠になり、そのまま関係が消滅する可能性も否定できません。

その点、お見合いはすでに結婚願望を持っている人同士が理想のパートナーを求めているので、結婚に至るまでの時間が短い傾向にあります。

数回のデートで意気投合して結婚に至ることも珍しくないので、忙しい人こそお見合いが最適と言っても過言ではありません。

第一印象に影響されやすい欠点もある

お見合いの利点はすでに結婚願望を抱いている相手と確実に出会うことができることですが、その一方で相手の第一印象が結婚の可否を左右しやすい欠点もあります。

結婚を目的にお見合いをする人は出会った相手が自分の理想通りの相手なのかを見極めようと、打算的な見方をする傾向があります。

この人と結婚して自分にメリットがあるのかと考えがちなので、長く付き合って相手との相性の良し悪しを判断するのではなく、最初の印象で安易に即決するケースが少なくありません。

直感で決めることは必ずしも悪いことではありませんが、結婚は今後の暮らしを一緒に営むパートナーと結ばれるための儀式です。第一印象を重視することも大切ですが、お見合いの場だけですべてを判断しないように心がけます。

結婚に至るまでの過程がもたらす影響について

お見合いと恋愛に優劣の差は存在しない

結婚に至る過程はお見合いで相手を見つけるか、相性が良い人との恋愛を経て結ばれるかの違いがありますが、良し悪しを一概に言い切ることはできません。

お見合いも恋愛もそれぞれ長所と短所があり、捉え方も人それぞれです。出会ってから結婚に至るまでの時間の違いは比較できますが、そのことで優劣を決めることはできないと言えるでしょう。

あくまでもその人の向き不向きで選ぶのが最善です。

結婚後の関係の違いについて

「恋愛結婚は些細なきっかけで仲違いする可能性が高い」「お見合い結婚は簡単に離婚する」などの通説がありますが、具体的な根拠は存在しません。

結婚後も常に仲睦まじい夫婦がいる反面、愛し合ったはずなのに不仲になる夫婦もいます。

個人の考え方の違いであり、お見合いと恋愛で結婚後の生活に違いがあるとは断言できません。

恋愛結婚はお互いに一途な想いを抱き続けた結果である一方、お見合いは第三者がセッティングした場で出会った相手と短い間に結婚するという違いがあるのは事実です。

しかし、結婚に至るまでの過程と結婚後の夫婦仲には関連性は存在しないと言えます。

生活サイクルや価値観に合致する方法を選ぶことが大切

お見合いも恋愛も捉え方は人それぞれなので、自分が良いと思った方を選ぶのが正解です。

自分の生活サイクルや価値観に合うならどちらも結婚するための最善の方法なので、周りの物言いに惑わされないように心がけます。

結婚を真剣に考えるからこそ慎重な判断が重要

お見合いのスタイルは時代と共に変化しましたが、末永く一緒に暮らすパートナーと結婚するための手段であることは変わりません。

結婚願望を持つ人との出会いの場をセッティングしてもらえる利点がありますが、結婚は一生を左右する決断であることを踏まえて慎重に活動する必要があります。

無料カウンセリングを実施しています!あなたの目指す婚活、不安やお悩みをお聞かせください。

お電話での
お問い合わせ
06-6777-3672 営業時間/11:00~19:00 定休日/水曜日

19:00以降のお問い合わせは翌営業日の対応とさせていただきます。
無料カウンセリングのお申込みにつきましては24時間オンラインにて受付しております。